トップページ

2007年8月

木村拓也が赤っ恥!27時間テレビで慌てたスタッフが操作!?【動画】

木村拓也が赤っ恥!
27時間テレビで慌てたスタッフが操作!?
【動画】


キムタクこと木村拓哉が、先日放送された「FNS27時間テレビ」で“赤っ恥”をかいたという。木村拓也が出演していたクイズ番組「ネプリーグ」でのこと・・・。
まさかの木村拓也のミスに慌てたのは番組スタッフで、急きょその後の出題内容を“キムタクびいき”に変更したのだとか…
 
キムタクは映画「HERO」のPRも兼ね「27時間テレビ」の「ネプリーグ」にHEROチームを率いて生出演。だが、直後に笑えない事態が発生する。お題の答えを完成させるファイブリーグでやってしまったのだ。

(以下引用)
キムタクが簡単なクイズで間違え、全国のお茶の間にキムタクの失態が映し出されてしまったんですよ。今のテレビ業界はジャニーズ至上主義。番組スタッフは大慌てでした」
2問目で松尾芭蕉の名俳句「ふるいけや かわずとびこむ ○○○○○」と出題された。答えは言うまでもなく「みずのおと」。1字目を的中させなければならないキムタクは「み」と答えなければならなかった。
ところが、出した答えは「い」で不正解。キムタクは「“いけのおと”かと思った。俺、芭蕉派じゃないから」と言い訳したが、あとの祭り。
しかし、その後はうって変わって、キムタクが模範解答を連発。チームを優勝にまで導いた。その裏にはこんな仕組みが・・・。
「実は(その後出された問題は)過去に番組で出題されているんですよ。そして木村拓也さんの事務所には、事前に予習用として番組のビデオが大量に送られています。これだけ言えばもうわかるでしょう」(某芸能プロ幹部)

さらに別の関係者も
「問題は出題者が数ある中から無造為に選ぶんですが、木村拓也さんの最初のミスで、担当者にプレッシャーがかかったみたいです。だから、事前に木村拓也さんが予習したであろう問題を選んだんです」。
キムタクの大活躍でHEROチームが逆転優勝を果たした瞬間、現場でスタッフはお互いに目で合図を送り、ホッと安堵の表情を浮かべ合っていたという。
(引用「大阪スポーツ」8/2号より)

木村拓也が、裏でそんな操作があって、優勝に導かれていたなんてちょとショックですね・・・。
別にキムタクが間違ってもいいかと思うのですが、いつも完璧なキムタクがミスすることはイメージとして許されないんでしょうかね。テレビ局がジャニーズのタレントやキムタクに変に気を使いすぎなところもあったりするのではないのでしょうかね・・・。
まぁ、キムタクの言い訳もどうなのかなという感じですが^^;

木村拓也の赤っ恥ミスと、その後のスタッフの動きは、下記の動画でご覧いただけます!
 → 【 動画コチラ 





| | トラックバック (5)

トップページ